top of page
アートボード 111.png
アートボード 112.png

運動で認知症を防ぐ!WHO初の認知症ガイドラインで高い推奨レベル



認知症発症予防段階での運動に関するエビデンスが豊富であり、効果もより期待できるとされている。

WHOのガイドラインでも認知症は発症してからではなく、予防が重要といわれている。


推奨される身体活動としては、

  1. 65歳以上の成人に対し1週間に少なくとも150分の中強度の有酸素運動、または75分の激しい有酸素運動、

  2. 有酸素運動は少なくとも10分の長さで行う、

  3. さらなる健康上の利益のため、週に300分まで中強度の有酸素運動を増やすか150分の激しい有酸素運動

とされている。


食事に関しては

ナッツ、オリーブオイル、コーヒー、葉酸、ビタミンE、カロチン、ビタミンC、ビタミンDに関しても、認知機能低下の報告が認められるが、一部に相反する報告もあるとしている。


その他、本ガイドラインにおいて、身体活動と栄養以外の項目に目を向けると、禁煙(エビデンスレベルは'low'(低))、および、高血圧の管理(low to high(低〜高))と糖尿病の管理(very low to moderate)の管理が、推奨レベル'strong'(強)とされている。


閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

移転

Comments


bottom of page